2006年02月28日

ブライアントレーシー氏のセミナーに行きました・・・そのC

本日は、PCサポートをプロバイダからの依頼で、宮崎まで日帰り
のサポートに行っておりました。全工程640Kmを一人で車です。
さすがに疲れました・・・背中が痛いです・・・もちろん、通常の
依頼でそんなところまで行くことはないんですが、ちょっと断れな
い義理があったもので・・・

さて、気を取り直してブライアントレーシー氏のセミナーで聞いた
金言集の第4弾です。

今回は、成功する人は、どのような行動や思考をする人たちなのか?
という疑問に関してのブライアン氏のお話です。


☆成功するトップ5%の人々は・・・

*いいアイデアを聞いたらすぐに実行する習慣を身につけている。

*楽観的な習慣を身につけている。

*何が欲しいか、どうすればそれが手に入るかを考え続けている。

*逆境や、困難の中から価値ある教訓を探すことが出来る。

*目標を達成するまで、辛抱強く活動を続けることが出来る。



☆成功者は・・・

*早い時期からサバイバルレートを考えている。
(サバイバルレート=働かずにどれくらい生きていけるか
  =リタイアしても大丈夫な、十分な蓄えがあるか?)

*これからどうなるか?どうするかを考えている。
(凡人は、現在か過去のことを考えている)

*理想的な未来を明確に、具体的に思い描いている。


サバイバルレートって、そういう意味だったんですね!洋書の紹介の時にこの
言葉が出てきたら、単純に生存率って訳してしまいますけど、前後の文脈で考
えないと、全然違った意味にとらえてしまいますね・・・


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月27日

ブランディングのための22の不変の法則・・・そのB

前回に続き、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第6位の本の紹介です。今回はこの本の目次です。

本の題名

「The 22 Immutable Laws of Branding 」

「ブランド化するための22の不変の法則」


著者

Al Ries, Laura Ries






目次


Introduction
 
  序章

1.The Law of Expansion

  拡大の法則


2.The Law of Contraction

  収縮の法則


3.The Law of Publicity

  宣伝の法則


4.The Law of Advertising

  広告の法則


5.The Law of the Word

  言葉の法則


6.The Law of Credentials

  信任状の法則


7.The Law of Quality

  品質の法則


8.The Law of the Category

  カテゴリの法則


9.The Law of Name

  名前の法則


10.The Law of Extensions

  拡大の法則


11.The Law of Fellowship

  親交の法則


12.The Law of the Generic

  一般化の法則


13.The Law of the Company

  会社の法則


14.The Law of Subbrands

  サブブランドの法則


15.The Law of Siblings

  兄弟の法則


16.The Law of Shape

  形の法則


17.The Law of Color

  色の法則


18.The Law of Borders

  境界の法則


19.The Law of Consistency

  一貫性の法則


20.The Law of Change

  変化の法則


21.The Law of Mortality

  生者必滅の法則


22.The Law of Singularity

  特異性の法則


21番目の生者必滅の法則って、なんだか仏教用語みたいですね(笑)目次で
「The Law of ・・・」というのは、他でも時々見かけるので、よく使われる
表現なのでしょうね。あと、目次の最後の方で、「Ten ・・・」というのも
よく見る表現みたいですが、ブライアン・トレーシー氏も「マジカル10」と
か言って、10という数字に何か特別な感覚を持っているようでした。


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。
       
      http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

ブライアントレーシーのセミナーに行きました・・・そのB

ブライアントレーシー氏のセミナーで聞いた金言集の第3弾です。

主に企業が売り上げを上げ、成功するために必要なこととして、
ブライアントレーシー氏が話してくれたことをご紹介します。


☆企業が売り上げをあげるための3っの方法

1、顧客を増やす

2、客単価を上げる

3、一人当たりの顧客の購買回数を増やす。


新規のお客様を増やすことは大事ですが、買いに来てくれたお客様
にいかにたくさん買ってもらうか?何度も買ってもらうか?という
のが非常に大事だということですね!

そのために最も考えていかねばならないことは、CSということに
なります。では、次にCSについて語ってくれた言葉です。


☆マーケティングで最も大事なことは・・・CSである。

顧客満足度(CS = Customer Satisfaction) の測定方法

1、顧客が、その製品(サービス)を人に勧めてくれるか?

2、顧客が、その製品(サービス)をリピートしてくれるか?


顧客が、自社製品のファンになってくれて、しかもセールスも
してくれる状態が、CSの最も高い状態というわけですね。







人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフォプレナー

2006年02月26日

ブライアン・トレーシーセミナーに行きました・・・そのA

ブライアントレーシー氏のセミナーで聞いた金言集の第2弾です。

成功するためには、成功するための商品やサービスが絶対に不可欠
となります。情報販売にしても、他のネットビジネスにしても、こ
の商材探しで止まってしまって、先に進まなかったり、あるいは自
分の商材に自信が持てずにいたりする人も多いのではないでしょうか?

そこで、ブライアントレーシー氏がその事に関して話してくれたこと
をご紹介します。

☆新しい商品やサービスを見つけるための質問

1、新しい商品が利益を得るための市場があるか?

2、その市場は、十分な大きさがあるか?

3、その市場は、あまり投資をしなくても開拓出来るか?

4、誰が売るのか?誰が宣伝するのか?

5、いくらで売るのか?

6、誰が、その製品やサービスを作るのか?

7、誰が、その製品やサービスを届けるのか?

8、どのような支払い方法を用意出来るのか?

9、どのようにアフターサービスをするのか?

10、どのように顧客を維持していくのか?

この質問にきちんと答えられるのであれば、そのビジネス
はうまくいくということだそうです。


また、氏はビジネスで扱う商品やサービスに関してとても
大事なこととして言っていたのが、その商品(サービス)が
「大好きなこと」であるか?あるいは、「うまく出来ること」
であるか?も非常に大事であると言っていました。

その事に関するエピソードとして、スズキ自動車のエピソード
を話してくれました。

そのエピソードとは・・・


スズキ自動車のエピソード(その商品が大好きだと、どういう良い影響が出るか?)

スズキ自動車がカナダに進出した時、最初に輸入した500台の車のヒーターのファンが
カナダの寒さに追いつかず、窓が曇るという現象が発生した。

通常、カナダやアメリカのメーカーの場合は、そういったクレームには対処していなかった
が、スズキのメーカーはすぐにプロジェクトチームを編成し、500台の車のヒーターの
ファンの交換を無償で行った。

スズキは、自分たちの作った車に誇りと愛着を持っていたから、すぐにそういった対応が
出来た。

このことが、顧客の満足度を上げ、当時、カナダで評判となった。


自分たちの商品に愛着と誇りを持っていたら、誰に非難されなくても、いいかげんなこと
なんか出来ないってことになり、それが結果として顧客満足度につながるということなん
でしょうね!







人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 22:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

自分でなおそうパソコントラブルB

前回に引き続き、パソコントラブルになる前にやっておいた方がいいことの
第3弾です。

まずは転ばぬ先のつえ3(メールアドレスをバックアップしましょう!)

前回は、受信メール等の保存先を変更することによって、万一にそなえましょう
というお話でしたが、今回はアドレス帳にためこんだメールアドレスのバックア
ップのやりかたです。(ひとによっては、こちらの方がよほど大切ですよね)

1、Outlook Express を起動し、メニュー(上のほうにある「ファイル」とか
「編集」とかかかれているところ)の中の「ファイル」をクリックし、「エクス
ポート」→「アドレス帳」とたどります。

2、アドレス帳エクスポートツールの画面が表示されたら、「テキスト ファイル」
と書かれているところをクリックし、「エクスポート」ボタンをクリックします。

3、エクスポート先のファイル名の画面になりますので、「参照」ボタンをクリック
します。

4、保存する場所をDドライブに切り替えて、ファイル名を(アドレス帳等に)つけ
ます。

5、「保存」ボタンを押したらバックアップ終了です。

このやり方はCSV形式という方法で保存されるため、Outlook Express のバージョン
が変わったりしても対応出来ますし、他のソフトに利用することも出来るため、とて
も便利です。

ちなみにバックアップファイルを取り込む場合は、「ファイル」→「インポート」→
「他のアドレス帳」とたどる必要がありますのでご注意下さい。



人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 14:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコンサポート関連

2006年02月25日

ブライアン・トレーシー セミナーに行きました・・・その@

2月25日、福岡市でブライアン・トレーシー セミナーが
開催されました。幸いそのセミナーを受講出来ましたので、
そのセミナーでのブライアン・トレーシー氏の金言を何回か
に渡りご紹介したいと思います。
誘っていただきました笑顔整体の今村院長、ありがとうございました。会場でご一緒させていただいたみゆきさんと、花田さん、今後ともよろしくお願いします。


☆ビジネスは基本が大事

基本を何度も練習することにより、より早く結果を出せる。
他人よりも頑張れば、先行者を追い越すことも可能である。


彼は、自分の空手のトレーニングを例にして、熱く説明して
くれました。

彼が、入門したての頃、彼より上級者の緑帯や茶帯の人は、
週に2回の練習をしていたそうですが、彼は週に6日、しか
も1日2セットの計12回の練習をしていたそうです。

そのおかげで、上級者をすぐに追い越したそうです。ビジネス
も基本が大事であり、他人より頑張れば先行している競合も追
い越せるということですね。


☆成功者の3つの資質とは?

1、勇気を持つ(失敗を恐れず、チャンスをつかむための勇気)

2、楽観主義(失敗してもあきらめない、そのうち成功するぞ!)

3、持続性・粘り強さ(成功するまで、やり続ける)


ブライアン・トレーシいわく、成功者は必ずこの資質を持ってい
るそうです。この資質は、意識すれば必ず誰でも持てるようにな
ると言ってました。







人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 23:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ブランド化するための22の不変の法則・・・そのA

前回に続き、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第6位の本の

紹介です。今回は読者プレビューの第二弾です。

本の題名

「The 22 Immutable Laws of Branding 」

「ブランド化するための22の不変の法則」


著者

Al Ries, Laura Ries






読者のプレビュー

★★★★Great book

The great part about books by Al Ries is the fact that he tries to prove his point by using real life examples of companies doing the right (or the wrong thing).

He uses the same pattern in this book too with great results. In this book, the stress is on the tendency of companies to expand their brand , often resulting in disastrous consequences.

Another interesting point is about how quality of the product really doesn't matter much, and the success of the brand depends of a whole lot of other factors.

Read the book for more! Its a quick read and you should be able to finish the book in

around a couple of hours

★★★★すばらしい本

アル・ライズによる本に関するかなりの部分は彼が何か正しいこと(または、間違ったこと)をする会社に関する実例を使用することによってポイントを立証しようとしていることです。

彼はこの本でも良い結果の同じパターンを使用します。この本では、圧力により会社のブランドがしばしば惨憺たる結果をもたらしながら広がる傾向にあります。

おもしろいもう一つのポイントは製品が本当はあまり重要ではなく、ブランドの成功が他の要素の多くを依存させるということです。

詳しい情報については、本を読んでください! 迅速な読書であなたは2、3時間くらいで本を読み終えるでしょう。

結局製品のよしあしよりも、いかにブランド化されているかの方が重要だということみたいですね(笑)ブランディング恐るべし!!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。
       
      http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

2006年02月24日

自分でなおそうパソコントラブルA

前回に引き続き、パソコントラブルになる前にやっておいた方がいいことの
第2弾です。

まずは転ばぬ先のつえ2(メールの保存先を変更しましょう!)

ちなみに前提として、Cドライブ以外のドライブがあること(マイコンピュータ
のアイコンを開くとWindows(C)とか、ローカルドライブ(C)とか以外にCド
ライブと同じ絵のアイコンで「・・・(D)」とかの名前のアイコンがあればOK
です)また、WindowsのバージョンはXPでの説明となります。

まず、スタートボタンから「マイコンピュータ」を開きます。
                ↓
メニュー(ファイルとか編集とか表示とか上に書かれている部分です)の中の
「ツール」をクリックし、「フォルダオプション」をクリックします。
                ↓
「表示」タブをクリックし、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェ
ックを入れます。
                ↓
マイコンピュータのウィンドウを閉じるボタン(右上にある×印のボタン)で閉
じてスタートボタンの上で右クリックし、「エクスプローラ」をクリックします。
                ↓
再度スタートボタンの上で右クリックし、「エクスプローラ」をクリックして
エクスプローラを2つ出します。
                ↓
タスクバー(スタートボタンの右)の上で右クリックをし、「左右にならべて表
示」をクリックして、エクスプローラを2つ並べて表示します。
                ↓
左側のエクスプローラでスタートメニュが表示されているかと思われますが、そ
の少し上の方に「Local Settings」というフォルダがありますのでそこをクリッ
クし「Application Data」→「Identities」→(「{7A9E21F9-****」みたいな数字
とアルファベットの羅列されたフォルダ)→「Microsoft」まで開くと「Outlook
Express」フォルダが見つかりますので、「Outlook Express」フォルダの上で右
クリック→「コピー」をクリックして下さい。

                ↓
今度は右側のエクスプローラから「Dドライブ」を開き、メニューバー上の「編集」
→「貼り付け」をクリックして「Outlook Express」フォルダをコピーします。
                ↓
2つのエクスプローラを「閉じるボタン」で閉じて、「Outlook Express」を起動
します。
                ↓
「Outlook Express」のメニューバ上の「ツール」→「オプション」とクリックし
て、オプション画面を開きます。
                ↓
「メンテナンス」タブをクリックし、「保存フォルダ」ボタンをクリックします。
                ↓
「保存場所」の画面が開いたら「変更」ボタンをクリックし、「フォルダの参照」
画面からDドライブの中にコピーした「Outlook Express」フォルダを指定します。
                ↓
「OK」ボタンを押して行き、Outlook Expressを一度終了して下さい。再度起動す
る時から、メールデータはDドライブに保存されるようになります。

Cドライブをリカバリすることにより、パソコンのCドライブはまっさらになって
しまいますが、Dドライブの中はそのまま残っておりますので、Outlook Express
の受信メール(及び送信済みメール等)は、意識してバックアップをしてなくて
も無事に残っているはずです。

*手順を間違えたり、操作を誤ると、大事なメールデータが無くなってしまいま
すので、くれぐれもご注意下さい。試される時にはバックアップをきちんと行い
あくまでも自己責任の範囲でお試し下さい。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。→ http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンサポート関連

ブランディングのための22の不変の法則・・・その@

今回から、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第6位の本の紹介です。日本でもよく耳にするようになった「ブランディング」って言葉がありますが、この本はブランディングに関する本のようです。それではいつものように、まずは読者プレビューの第一弾です。

本の題名

「The 22 Immutable Laws of Branding 」

「ブランディングのための22の不変の法則」


著者

Al Ries, Laura Ries


読者のプレビュー

★★★★The 22 Immutable Laws of Branding

I thought it was a very helpful book. It filled a gap that
will help my people understand more fully what we are trying
to accomplish - create a culture of discipline.


★★★★ブランド化するための22の不変の法則

私は、その本はとても助けになる本だと思いました。それは、訓練する
文化を作り出そうとしている人々の理解のギャップを埋める手助けとなります。


・・・いや〜、またまた意味不明の訳になってしまいました。(汗)


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。 → http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

2006年02月23日

ダミーにセールスフォースドットコムを・・・そのC

今回も、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第5位の本の紹介

です。今回は目次の紹介です。

本の題名

「Salesforce.com For Dummies 」

「ダミーにセールスフォースドットコムを」


 著者 Thomas Wong


目次

Introduction

序章


Part1:Salesforce.com Basics

パート1:セールスフォースドットコムの基本


Chapter 1: Looking Over Salesforce.com

第1章:セールスフォースドットコムに目を通しましょう


Chapter 2: Navigating Salesforce.com

第2章:セールスフォースドットコムにナビゲートします


Chapter 3: Personalizing Your System

第3章:あなたのシステムを個人化します。


Part2:Diving Sales

パート2:飛び込み販売


Chapter 4: Prospecting Leads

第4章:見込み客の誘導


Chapter 5: Managing Accounts

第5章:顧客管理


Chapter 6: Developing Contacts

第6章:知り合いをたくさん作ります


Chapter 7: Managing Activities

第7章:活動の管理


Chapter 9: Sending E-Mail

第9章:電子メールを送ります


Chapter 10: Calculating Forecasts

第10章:予測計算


Part3 Optimizing Marketing

パート3 マーケティングの最適化


Chapter 11: Diving Sales Effectiveness with Documents

第11章:書類を使った飛び込みセールスの有効性


Chapter 12: Improving Communication with Standard Templates

第12章:標準テンプレートでコミュニケーションを改良します


Chapter 13: Driving Demand with Campaigns

第13章:キャンペーンで需要を喚起します。


Chapter 14: Managing Products and Price Books

第14章:製品と価格表を管理します。


Part4:Measuring the Overall Business

パート4 総合的なビジネスを測定します。


Chapter 15: Analyzing Data with Reports

第15章:レポートでデータを分析します


Chapter 16: Seeing the Big Picture with Dashboards

第16章:計器版で全体像を見ます


Part5:Designing the Salesforce.com Solution

パート5:セールスフォースドットコムのソリューションを設計します


Chapter 17: Fine-Tuning the Configuration

第17章:構成について微調整します


Chapter 18: Customizing Salesforce.com

第18章:セールスフォースドットコムをカスタマイズします


Chapter 19: Migrating and Maintaining Your Data

第19章:移動して、あなたのデータを保守します


Part6:The Part of Tens

パート6 10のなかの1


Chapter 20: Ten Ways to Drive More Productivity

第20章:もっと生産性を上げるための10の方法


Chapter 21: Ten Keys to a Successful Implementation

第20章:うまくいっている新たな機能付与についての10の鍵


アメリカはマーケティングの国でもありますが、一方でセールスの国でも
あります。(ですよね?)きっと、セールスに携わる人が多いので、こう
いったセールス向けの本もランクインするんでしょうね。



人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。 → http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

自分でなおそう!パソコントラブル@

たまには本業がらみでお役に立ちそうな情報も提供していきたいと思います。


最近は、たくさんの人がパソコンを利用されていますが、パソコントラブル
に強い人って、以外と少ないようです。


おそらく、私が推測するに、ほとんどの人は、1台〜数台のパソコンしか所有
されていませんから、当然パソコンの調子が悪くなるのも数ヶ月〜数年に一度
位のはずです。


つまり、トラブルに詳しくなりようがないんですね。ましてや、好き好んでト
ラブルなど、起こしたくもありませんよね(笑)


それでは、今回は「ころばぬ先のつえ」ということでの小技をご紹介します。


パソコンを使用していると、パソコンが全く起動しなくなることがあります。

多くの場合は機械的故障では無く、ソフトウェア的な問題の場合ですので、そ
んな時はパソコンをリカバリ(パソコンのソフトを購入したての状態にする事)
になります。

ところが、リカバリを行うとそれまで保存していたデータが全て消えてしまい
ます。思い出のデジカメ写真も、年賀状の住所録も、ワードで作った料理のレ
シピも・・・

そんな時のためにバックアップを定期的に取っておく必要があるのですが、ど
うやってバックアップしたらよいのかもよくわからないし、知っていても、つ
いつい忘れてしまうことが多いのではないでしょうか?

そんな人のために、とりあえずマイドキュメントの中だけでも無くさなくする
ための方法をお伝えします。

ちなみに前提として、Cドライブ以外のドライブがあること(マイコンピュータ
のアイコンを開くとWindows(C)とか、ローカルドライブ(C)とか以外にCド
ライブと同じ絵のアイコンで「・・・(D)」とかの名前のアイコンがあればOK
です)また、WindowsのバージョンはXPでの説明となります。

まず、マイコンピュータを開き、Dドライブを開きます。
                ↓
メニュー(ファイルとか編集とか表示とか上に書かれている部分です)の中の
「ファイル」をクリックし、「新規作成」→「フォルダ」をクリックします。
                ↓
「新しいフォルダ」という名前のフォルダが出来ますのでそのアイコンの上で
右クリックし、「名前の変更」をクリックして、「My Document」と名前を入力
します。
                ↓
Dドライブのウィンドウを閉じるボタン(右上にある×印のボタン)で閉じてデス
クトップ(画面上)にあるマイドキュメントのアイコンの上で右クリックします。
                ↓
右クリックで出てきたメニューの中の「プロパティ」をクリックし「ターゲット」
と書かれているところの画面の中の「移動」ボタンをクリックします。
                ↓
「移動先の選択」の画面が開きますので「マイコンピュータ」→「Dドライブ」→
「My Document」と選択していき、「OK」ボタンをクリックします。
                ↓
リンク先と書かれている右側のボックスの中が「D:\My Document」に変更されて
いれば成功です。その後、「適用」ボタンをクリックすると、「ドキュメントの
移動」の画面が出てきますので、「はい」をクリックすると、マイドキュメント
の中がDドライブに移動ます。最後に開いているWindowを閉じて下さい。
                ↓
あらためて、デスクトップの上にあるマイドキュメントのアイコンを開いてみて
下さい。中身が以前と同じであれば成功です。

パソコンをリカバリする場合、ほとんどの場合Cドライブだけをリカバリする方法
が標準の設定方法となっております(もちろん例外もありますのでリカバリを実施
する場合は事前にパソコンメーカーにご確認下さい)

Cドライブをリカバリすることにより、パソコンのCドライブはまっさらになって
しまいますが、Dドライブの中はそのまま残っておりますので、マイドキュメント
に保存している内容に関しては、意識してバックアップをしてなくても無事に残っ
ているはずです。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。 → http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンサポート関連

2006年02月22日

インディアカって知ってます?

今日は、知り合いに誘われて、「インディアカ」というスポーツをしてまいりました。

はじめてやったんですが、簡単に言うと、バドミントンの羽の大きいようなものを手をつかって行うバレーボールみたいなスポーツです。

的が小さいので、よく空振りをしてしまいましたが、初心者なので大目に見てもらいながらやりました。

誘ってくれた知り合いが、金曜日はソフトバレーをやってるので、そちらの方も先週からはじめたのですが、運動らしい運動など、?十年もやってなかったので、筋肉痛がひどくて(笑)

でも、せっかくはじめたので、少しやせるまで頑張るつもりです!

皆さんは、なにかスポーツしてますか?


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。
       
      http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 21:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ダミーにセールスフォースドットコムを・・・そのB

今回も、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第5位の本の紹介です。今回は読者プレビューの第二弾です。

本の題名

「Salesforce.com For Dummies 」

「ダミーにセールスフォースドットコムを」


 著者 Thomas Wong






ユーザープレビュー

★★★★★ You'd be a dummy not to buy this book!

"Salesforce.com for Dummies" is, hands down, the best reference guide for salesforce.com users and administrators alike. Tom Wong has done an excellent job with this book. It is packed with useful tips that will help even the most experienced users and/or administrators get more from Salesforce.com. If you are ready to maximize your investment in Salesforce.com, pick up "Salesforce.com for Dummies." You'd be a dummy not to buy this book!


★★★★★ あなたは、この本を買う必要が無ければ、ダミーでしょう!

「セールスフォースドットコムをダミーへ」は、文句なしに、ユーザにも管理者にも最も良いガイドです。トム ウォンは、この本でい非常に素晴らしい仕事をしました。それには、つかえるコツが盛り込まれており、経験豊富なユーザーにさえ役立ち、管理者でも、より多くのものをセールスフォースドットコムから手に入れるでしょう。あなたが、セールスフォースドットコムに最大限の投資をする準備が出来ているのであれば、「セールスフォースドットコムをダミーへ」を手にとって下さい。
あなたは、この本を買う必要が無ければ、ダミーでしょう!


・・・最後のセンテンスの訳がまたよくわかりませんでした(^_^;)。ダミーっていうのは、恐らく何かの例えに使用されているのだと思うのですが、独断と偏見で言ったら、初心者の代名詞みたいに人物なのでしょうか?


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。
       
      http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

2006年02月21日

情報商材はもう買わなくてもいいかも!?

先日から、メルマガを転載させていただきながらブログで紹介していた鍵谷さんの商材ですが、ついに内容をお知らせ出来ます。いろいろと無料レポートなどで情報を集めている人であれば、あれこれ悩むより、この商材を買うのがベストだと思います。

ちなみにこれです。 → http://tinyurl.com/encye

あれこれ悩むより、まずは行動あるのみなのですが、無駄に行動するよりも、確かな道しるべを目印に行動する方が、あたりまえですが近道ですよね!・・・私も、どうせたどり着くのなら早くたどり着きたいです(爆)
posted by ガイア at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフォプレナー

ダミーにセールスフォースドットコムを・・・その@

今回から、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第5位の本の紹

介です。まずは読者プレビューの第一弾です。

本の題名

「Salesforce.com For Dummies 」

「ダミーにセールスフォースドットコムを」


 著者 Thomas Wong

0764579215.jpg


ユーザープレビュー

★★★★★ Great help for the new user

I purchased several copies of the book for my sales team whose technical proficiency was

across the board. While all of the material is covered in the online help available from

Salesforce.com, several team members felt much more comfortable with a book that they could

hold. It is a great help in getting all of the team members to use the same nomenclature

which is the first step in any sales "methodology" becoming effective.

Those wishing a deeper dive, should look at the author's other books targeted towards a

more advanced and technical audience.


★★★★★ 新規ユーザーには、大助かりだ

私は、技術的な上達がすべてであるセールスチームに数冊のこの本のコピーを購入しました。
内容のほとんどは、セールスフォースドットコムのオンラインヘルプとだぶっていましたが、数人の

チームメンバーは、その本の方が、はるかに快適だと感じました。セールスの方法論をより有効活用

するための第一歩である、チームメンバーに同じ用語体系を使わせることのために大助かりです。

より深く掘り下げるには、著者がもっと進んだ専門家向けに書いた他の本を見るべきです。 

→ 以下次回へ



この「〇〇〇 for Dummies」というシリーズですが、てっきり同じ作者が作っているのかと思ったら違ったんですね(笑)・・・いわゆる、パソコン書籍でいうところの「出来る」シリーズみたいなものかもしれませんね。

ベストセラーの上位は、ずっとeBay関連の本でしたが、やっと他のジャンルの本が出てきました。

「セールスフォース ドットコム」という営業支援の会社(仕組み?)があって、そこの利用方法を初心者向けに書き下ろした本のようです。

前回とりあげた、この本のシリーズの時も、読者プレビューで書かれてましたが、利用しようと思うサービスのオンラインヘルプに必要な情報はほとんど網羅されているみたいですね。

でも、初心者にはとっつきにくくて、このような本が売れるんでしょうね・・・

すでに多くの人が利用しているサービスでも、これからとりかかる人向けに導入部分をわかりやすく説明してあげることは、けっこうニーズがあるということなんでしょうね!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ

パソコンで困ってる福岡の人はこちらをポチっと押してみて下さい。
         http://tinyurl.com/zu9dq
posted by ガイア at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

2006年02月20日

eBayで何を売るか、そしてそれをどこで手に入れるか?・・そのB

前回から引き続き、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンのWeb Marketingのジャンルで第4位の本の紹介です。

今回も読者ぷれびゅーの第2弾です。今回のプレビューは長いので2回に分けた後半部分の紹介となります・・・

本の題名

「What to Sell on eBay and Where to Get It」

「eBayで何を売るか、そしてそれをどこで手に入れるか?」


著者

Chris Malta, Lisa Suttora






読者の感想

★★★★★What to sell on Ebay by Malta and Suttora (前回の続き)

I've utilized Ebay to make purchases and to sell small items.
Popular items do sell quickly. Once, I placed an item on the
Ebay and it was sold within 5 minutes. In addition, I purchased
a very fine China plate in full color for $1.00 and a full set
of athletic equipment for $10. The deals are out there.
You need to surf the Ebay frequently to secure them. I make
some of my holiday purchases in advance and hold the items
until the next holiday season.

Concurrent with this is the need to accurately assess demand.
At times, it may be necessary to scan newspapers and record trends. Ultimately, you will need a legal business entity and a sales tax number for mass selling.

The acquisition would be very helpful in crafting a strategy
to sell on E-bay and make a profit doing so. As such, the book
is worth the price of admission.


★★★★★eBayで作者(Malta and Suttora)は何を販売しているか(前回のつづき)

私は、小さなアイテムを購入して、販売するためにeBayを利用しました。
人気商品はすぐに売れます。あるときは、eBayに出品した5分後に売れました。


さらに、私は非常に素晴らしいチャイナプレートを1ドルで購入し、運動競技用機材のフルセッ
トを10ドルで購入しました。取引は、あちら側にあり、あなたは安全に取引するために頻繁に
eBayをネットサーフィンする必要があります。私は、あらかじめ休暇に購入したアイテムを
次の休暇のシーズンまで持っていることもあります。


これらと共存することは、正確に要望を評価する必要性からです。時には、新聞を詳しく調べて、傾向を記録することが必要であるかもしれません。結局、あなたは法的な企業体と大量販売の消費税番号を必要とするでしょう。


習得したことは、eBayで売るための戦略を作る際に大変役立ち、利益を上げるでしょう。そういうものとして、その本は入場料分の価値があります。



・・・いや〜、後半はいまいち何を言っているのかわかりづらかったです。だいぶ誤訳してそうですね(汗)・・・


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ
posted by ガイア at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

2006年02月19日

eBayで何を売るか、そしてそれをどこで手に入れるか?・・そのA

前回から引き続き、2006年2月16日現在で、アメリカのアマゾンの
Web Marketingのジャンルで第4位の本の紹介です。今回は読者ぷれ
びゅーの第2弾です。今回のプレビューは長いので2回に分けて紹介
します。前回は厳しい評価でしたが、今回はさて・・・

本の題名

「What to Sell on eBay and Where to Get It」

「eBayで何を売るか、そしてそれをどこで手に入れるか?」


著者

Chris Malta, Lisa Suttora





読者の感想

★★★★★What to sell on Ebay by Malta and Suttora

The authors ask that we study "what people want" very carefully.
As humans, we have a tendency to project what we want rather than
serving the customer. A thorough study of buying habits is
another condition precedent for successful Ebay selling. A seller
should look for evidence of emerging markets and tap into them.
Emerging market information may be obtained from newspapers,
magazines, television documentaries, "The Economist",
sellers and the Commerce Department.

It's important to know what you sell. If you don't know the
product, you cannot explain the most valuable features to
potential customers. For major sellers, it is important to
diversify the product line to have a mix of profit margins
operating all the time.


★★★★★eBayで作者(Malta and Suttora)は何を販売しているか

作者は、我々がとても慎重に「人々が何を欲しがっているか」を研究するように要求します。
人は、顧客に役立つものよりも、自分が欲しいものを企画する傾向があります。
購買の習慣について徹底的に研究することは、eBayでうまく販売するための必要な条件とな
ります。売り手は、新興成長市場に関する証拠を探して、それらに入り込むべきです。
新聞、雑誌、テレビのドキュメンタリー、「エコノミスト」、売り手、および商務省から新興
成長市場情報を得るかもしれません。

あなたが売るものに関してよく知ることは重要なことです。もし、あなたが製品についてよく
知らないと、あなたは最も大事な特徴について見込み客に説明することができません。
主要な売り手にとって、絶えず変動する利幅を混ぜ合わせるために製品ラインを多角化させ
るのは重要です。



・・・絶えず、アンテナを高くして、市場を調査してないとだめですよ!という、当然といえ
ば当然のことを言っていますが、やはり、eBayもはやりすたりが激しいってことで、特定の
アイテムの情報を提供しても読者の役には立たないという前提で書かれているのかもしれませ
んね・・・


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ
posted by ガイア at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベストセラー本

■メルマガだけで非常識に売る超成功法則とは!?

鍵谷さんのめるまが転載の第6弾です。今回は四天王の最後の人物登場です。
めるまがを得意とされているその人とは・・・

ココから〜
------------------------------------------------------------------

情報起業四天王



菅野一勢

鍵谷健

室賀博之



そして、最後の一人は・・・メルマガだけで数千万円稼ぐ非道徳な男・・・






        【情報起業四天王 大将 菅井実】






彼の使った非道徳なメルマガ錬金術とは!?


メルマガだけで、数千万円稼ぐ成功法則とは!?




彼の講義が始まって、発した第一声は・・・



「え〜菅井実です。(照)私は室賀さんと違って
    セールスレターとかサイトとかは、一切不要だと考えています。」




おいおい!!セミナーが台無しじゃんか!!いま、室賀さんからサイト作成と
セールスレターの極意を聞いたところじゃん!!



その瞬間、室賀氏の目にキラリと閃光が走り、2人の成功哲学がまたぶつかった。


セールスレター命の室賀博之

メルマガが全ての菅井実


この両氏の勇姿がDVDでご覧になれます。


その後、菅井氏から出てくる言葉は「テクニック」だけでなく、【売れるメルマガ】
に必須の「思いやり」や「顧客満足」についての内容がずばずば出てきます。


今まで誰も語らなかった、いや、こんなに非道徳なほどにメルマガ1本で稼ぐ男が
いなかったからかもしれないが、聞いたことの無い【メルマガ必勝法】を話し始め
たのです・・・。


そのメルマガで恐ろしいほど稼ぎまくる非常識な成功法則とは!?


・・・・・・・




このように、情報起業界で、いまだかつて実現したことの無い夢のコラボレーションが
実現していたのです。


今まで黙っていて申し訳ございませんでした。


でも、この情報を公開するのに非常に迷いがありました。


各講師が恐ろしいほどに、自分の今後の利益もかえりみず、「儲けの秘訣」の全て
を語ってしまったのですから・・・。


いい加減にどんな商品なのか紹介しろって?


待ってください、商品に関しては明日発表します。



いいですか?「楽しみに待っていてください」なんて生ぬるいことは言いません。


はっきり言います。




        【明日、覚悟して待っていてください】




-------------------------------------------------------------------------
〜ここまで

覚悟して待ってます(爆)・・・すでに覚悟がある人は → http://tinyurl.com/encye


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ
posted by ガイア at 22:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | インフォプレナー

やっと洋書が届きました!!

このブログをはじめて間もない頃に注文していた洋書「How to BUY,SELL&PROFIT ON eBay」がやっと届きました。

006076287X.jpg

第一印象、・・・紙質があんまりよくないな〜(爆)

「アメリカのアマゾンから中古の洋書を取り寄せる場合は日本の評価と全く違うので注意して下さい。」って聞いたことがありますが、確かにこの紙質では、よほど大切に保管しない限り、すぐにぼろくなるだろうな・・・って思います。ある意味仕方ないのかもしれないですね。

さっそく、神田昌典さんが提唱しているフォトリーディングで読もうと思い、本を逆さまにして、1ページ1秒のペースで読んでみます!


・・・・はい、思ったとおり、よくわかりませんでした(爆)・・・でも、この段階ではこれでいいんだそうです。


ある程度内容を把握したら、ブログでお知らせします!


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ
posted by ガイア at 13:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

洋書を読んで億万長者になりなさい

私が、このブログをはじめたきっかけとなったのが、「洋書を読んで億万長者になりなさい」という本です。

cover.gif

この本を読んで、「はい、なりたいです」・・・てなわけで、がぜん洋書を読みたくなったのでした。

時を同じくして、もともと本を読むのが大好きだったので、よくBookOffとか行ってたんですが、たまたま、かの有名なコンサルタントの神田さんの本で、「お金と英語の非常識な関係」というのが目に付きまして、早速読んでみたのですが、やはり洋書を読んだ方がいいと思ったわけです。

でも、なかなか英語の勉強って、続かないですよね〜・・・だから、続かせるためのしかけを自分自身にしたんですけど、それがブログだったわけです。


「洋書を読んで億万長者になりなさい」の著者で経営者英語大学の学長の三浦哲さん、私のブログのきっかけをつくっていただきありがとうございました。

ちなみに三浦さんのHPは、こちら→ http://www.execueng.co.jp/ です。


人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。
人気blogランキングへ
posted by ガイア at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。